で、なんで山口でコンサートなの?(その2)


こんばんは! ブログがかりの新井です!

 

たぶんこのブログが公開されている頃、僕らは県内某所に集まって、赤れんがの下見会から続く打ち合わせ会議で久々にリアルファイトを演じている頃かと思います(このブログはチェック等あるので、だいたい前日の水曜の晩に書いているのです)。

はい。ぶっちゃけ延び延びになっていたキャンセル販売ですが、この殴り合いで最終結果が出る予定なので、近いうちに詳細もご案内出来るかと思います(これはいまのところ、臨時更新になる予定です)。できなかったらごめんなさい。

個人的には、飛行機便の早割45がなんとかなるうちにやっておきたい所ではあるのですが……こればかりは各所のご協力あっての事なので、詳しくはまた後日ということで。

最新情報については当ブログを時々見ていただいたり、Twitterのハッシュタグ『#茶太山口ソロコンサート』を追い掛けていただけると、もしかしたら手に入るかもしれません。

 

それと、改めてですが……次の販売はキャンセル販売になりますので、販売数は前回に比べても非常に少ない見込みです。
僕らも一人でも多くの茶太ファンの方に山口に遊びに来ていただきたいんですが……こればっかりは、キャンセル販売という立ち位置上どうしようもないので、もうしわけありません。

 

さて今回は、ちょっと前に出していた茶太さんとたくまる先生の出会いとか、その辺のお話の続きです。前回のお話はこちら


『はい、そんでまあ時代は一気に飛びます

それから同人音楽とかその辺の界隈に入って行ったおれは、葉鍵ブームと呼ばれる時代を通る訳ですが、なんかいろいろ紆余曲折あって、夏影という曲に出会います。で、これ歌ものにしたらいいんじゃね?とか思って、作ったのが、これ(夏影~Airness~)

誰かいい歌うたいさんいないかなー、って事で、茶太りんにお願いして、これはちゃんと東京のレコーディングスタジオで録ったんだけども、茶太りんの初スタジオ録音曲になるわけです。

ゲンミツにはその前に、片霧烈火センセの「にひきのうさぎ」という作品のコーラス録りがあった……かもしれない。時系列あやしいw

そのあと、べるめいさんちでのホワイトアルバムのアレンジ曲の収録とか、夢神楽とか、いろいろあったと思うんだけど、まあいろいろあって茶太りんの初アルバム「誓い」へ続く…

「誓い」は茶太りんがNiftyのFMIDIORGの面々と作った曲を、改めて録音してCDにしようって企画で、おれとべるめいさんが、オリジナルのMIDIデータからトラックを起こして作ったんだけど、その後「誓い」から ムネノイタミ と 抜け殻 の2曲をシングルカットして出す事になって

「誓い」は、まだ地方に住んでいた茶太りんに宅録で歌を録って送ってもらったんだけど、シングルの方は東京で新たに歌を録りなおしてて、ミックスもブラッシュアップしてあります』

 

ちなみにべるめいさんは、作曲家のbermei.inazawaさんですね。

なんか山口とか全然関係ない所で話が進んでる気がしますが、一応次回が完結編になります。あ、もちろん最後はちゃんと山口に繋がりますよー!

そして次回の定期更新は、このブログ更新の時点では無事に終わっているだろうと思いたい、CS赤れんがの下見会報告をさせていただきます。

茶太『ライブ』ではなく『コンサート』、と付けるのにぴったりの雰囲気の良い場所ですので(というか、プロジェクト当初は『ライブ』だったんですが、会場を見て『コンサート』に変えたんですよ)、いらっしゃる方もそうでない方も、楽しみにしていただければと思います。

Leave a Reply

CAPTCHA