作詞と文字と歌と


こんばんは! ブログがかりの新井です!

シルバーウィークも終わっていよいよ10月。今年もあと3か月とかいうちょっと信じたくないような事態にもなっておりますが、それでも時間は流れていくわけで……。

photo20151001-10

この間も、新井とYU-TA先生は11月8日に開催される周南萌えサミット2015の打ち合わせに行ってまいりました(もちろん青年会議所所属のひろべえさんもいらっしゃいましたよ!)。もちろん何をするかはまだ秘密なんですが、また決まりましたらProject1.5とかと並行して、こちらでも告知させていただきますね……!

 

さて。そんな感じでProject.1.5。今回はkirina先生の紹介なわけですが……。

ちょっと今回はイラストではなく、趣向を変えてみたい感じです。

下の画像の▶をレッツクリック!(音が出るので環境によっては注意してくださいね! また、ブラウザによっては動作しない可能性もありますのでその時はごめんなさい!)

photo20151001-03

花燃ゆ繋がりで、萩城史の画像と一緒にお楽しみ下さい……。

photo20151001-04

ちょうど半年前に山クリでやったエイプリルフール企画で、たくまる先生とkirina先生が作ったネタソングなんですが……kirina先生はこのコーラスパートを担当してらっしゃいます。


今絶賛発売中の真・恋姫†英雄譚シリーズ(18禁サイトなのでご注意!)では作詞&片霧烈火さんとのダブルボーカルでOPを担当、それ以前の同シリーズでも深紅の呂旗などを担当されて、大車輪の活躍をしておられるかたです。

photo20151001-05

新井も一応文字を書いてお金をもらう仕事をしてるんですが、テキストと作詞というのは全く違う分野なので(同じ物を作る仕事でも、土木建築と彫金師くらい文字の取り扱いの違う仕事です。どっちがすごいとかじゃなくて、方向性が全く違うんですね)、こういうメロディにフィットした言葉を選んで綺麗にまとめられるのってすげえなーと思いながら音楽を聴くこともしばしばだったりします。

そうそう。この萩エリアですが、山口県では山陰側に位置しておりまして、近くにはここでも紹介した角島や秋吉台をはじめとして……。

photo20151001-02

雄大な諏佐のホルンフェルス。

photo20151001-08

日本海を一面に見渡せる千畳敷。

photo20151001-01

CNNの『日本の最も美しい場所』31選にも選ばれた元乃隅稲成もあったりします。

ちなみに稲成という表記は稲荷の誤字ではなくて、日本で二箇所だけある『稲成』です。もう一箇所の稲成であり、元乃隅の勧請元でもある太鼓谷稲成も、山口のすぐお隣・島根の津和野にあります。

 

山口の瀬戸内側は周南や宇部、防府、下松など基本的に工業都市という側面の強い場所が多いのですが……日本海側はこんな感じでたくさん自然の残った観光地映えするところが揃っているという特色があります。

 

そんな感じで自然満載の山陰エリアをだーっと紹介したところで、次回の1.5も音楽繋がりで、たくまる先生の紹介といきたいところですが………… 最後にもう一つkirina先生ネタ。

photo20151001-09

半年前のエイプリルフールネタですが、実はこの題字を書いたのもkirina先生だったりします。

フォントではなくて直筆なんですよ、これ。

Leave a Reply

CAPTCHA